自動車をキレイに保護するために│コーティング剤の効果

いつまでに受ける

自家用車

自動車を所有している人は、定期的に車検を受ける必要があります。これは国が定めたことで、所有している自動車が今後も安全に走行することができるかを検査することです。この検査を受けて問題がなければそのまま走行できますが、不具合が見つかった場合は整備しないといけません。検査を受けずに走行したり、決められた期間内に検査を受けなかったりすると重い処分を受けることになるので注意してください。車検の有効期間は自動車によって異なりますが、乗用車や軽自動車などは新車登録を行なってから3年目になってから検査を受けます。その後は2年毎に検査を受けないといけません。トラックやバスなどの大型の自動車だと有効期間はもっと短くなってしまいます。検査を受けた後は証明書代わりとして、ステッカーを渡されるでしょう。そのステッカーに次の検査を受けるまでの期間が掲載されているので、それを目安としてください。

車検には費用が発生しますが、検査を受ける整備業者やカーショップによって値段は異なります。ですが、法定費用の自賠責保険料や重量税などの料金は全て同じです。ですから、法定費用の金額を知っておけば検査の費用を比較することができるでしょう。軽自動車の場合は、重量税が6,600円で自賠責保険料は26,370円となっています。乗用車には様々なサイズがありますから、重量税はサイズによって変化するので値段は同じではありません。1,000㎏以下の小型自動車なら16,400円の重量税が発生します。中型、大型となると費用は高くなっていきますが、自賠責保険料は全て同じです。ですから、車検の費用が気になる人は法定費用を把握しておくことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 自動車をキレイに保護するために│コーティング剤の効果 All Rights Reserved.